Tokyo Institute of Photography

We hope this place to be the information podium for all who loves photography.

かくたみほ写真展「行きて帰りし」

©miho kakuta

 

72Gallery では、かくたみほ写真展「行きて帰りし」を開催します。

 
___
 
日常から非日常へ、もう一つのあちらとこちら、世界へ。
森、冒険、鳥、鬼、魔法、自然は四季の営みをやめない。

ここではない違う場所に行って帰ってくるという児童文学の構造は「旅」に多く当てはまる。
幼少期の読書体験が、私が旅に出る理由のひとつに当てはまる。

そして物語の主人公のように旅に出る行動力が大切。
しかし帰ってくる方が大事で、
帰るとはその人が、一番その人らしくいられる場所に落ち着くこと。
自分が今ここにいる意味を発見し、確認することが旅に出る理由の、もうひとつだ。

 
___
 
 
今回は海外の旅写真をメインに、日本での写真も加わった新作となります。
 
 

日時:2019年11月13日(水)〜11月24日(日)
12:00〜19:00
初日は16:00開館、最終日は17:00閉館となります。

休館日:月曜日、火曜日休館

会場:TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY 72Gallery 
〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル1F
Tel:03-5524-6994 東京メトロ銀座線京橋駅より徒歩1分

アクセス

入場料:無料

 

©miho kakuta

EVENT

かくたみほトークイベント

会場:72Gallery
日時:11/16(土)14:00〜15:00
参加費:500円(ワンドリンク付)

※トークイベント中は展示をご覧頂けません。あらかじめご了承下さい。

お申込みまたは詳細はこちら

 


©miho kakuta

ARTISTS

かくたみほ

77年三重県鈴鹿市生まれ。
スタジオLOFTスタジオマンを経て、写真家小林幹幸に師事後独立。
株式会社オフィスカクタ設立。

雑誌やCDジャケット、ファッションブランドカタログなどの撮影と並行し、光とトーンを活かした作風で活動中。
ライフワークでは、フィルムカメラを愛用して旅をベースに光・暮らし・自然・対なるものに重きを置いて制作。全国でグループ展・個展も多数行っている。

http://mihokakuta.com/

フォトグラファーと写真の仕事をつなぐ ポートフォリオ マッチング展 vol.3

2018年秋、2019年初夏に開催した「ポートフォリオ・マッチング展」。
ご好評につき、vol.3を開催します!会期は、2019年10月30日(水)~11月10日(日)

 

「仕事の幅を広げたいので、ポートフォリオを見てもらいたい」
「作品を雑誌に掲載したいのでチャンスが欲しい」
「仕事をするフォトグラファー同士、情報交換がしたい」
・・・そんな「きっかけの場」を求めている方におすすめのイベントです。

 

ポートフォリオ マッチング展

会期:2019年10月30日(水)~11月10日(日)
   12:00~19:00 ※月・火 休廊(最終日のみ17:00まで)

会場:東京・京橋 T.I.P/72gallery

アクセス
https://tip.or.jp/access
※JR東京駅 八重洲南口より徒歩7分/東京メトロ銀座線 京橋駅1番出口より徒歩1分

PHaT PHOTO 17J Exhibition “M”

 
2018年10月のビギナークラス修了展 “Bon Boyage” からはや1年。
テラウチマサト先生率いるPHaT PHOTO写真教室 17Jクラスで3年間の写真探求の旅に出た私たちは、2年目のミディアムクラスを修了いたしました。
 
テラウチ先生が考案された新カリキュラムの第一陣、まさに「実験台」な私たちが、2年目のカリキュラムを終えてどんな成長を遂げたのか?!
このミディアムクラス修了展で披露される個性豊かな11名の作品を、ぜひ鑑賞にいらしてください。
 
【展示詳細】
日にち:2019年11月27日(水) 〜 12月8日(日)
時 間:12:00−19:00(最終日は17:00まで)
休館日:月・火曜日
入場料:無料
会 場:72Gallery内 White Cube
住 所:東京都中央区京橋3−6−6 エクスアートビル1F
 
Facebookにて追加情報などを発信しています。
Facebookへはこちらから
 
【出展者】
ほしのひろまさ
近藤 力哉
すずき のぶまさ
望月 クララ
﨑山 和美
Naoko
Yuka Ayukawa
ミヤサカ ハヅキ
Rie Suzuki
まつもと しんいち
宮坂 純一

河童寫眞部 group photo exhibition 2019「写真はイメージです。展」

 

 

 

 

 

 

河童寫眞部 group photo exhibition 2019 「写真はイメージです。展」

 

CONTENTS

【今年もやりますカッパ祭り!】
今年も年に1度のグループ展を開催します。昨年と同様、メンバーが自由に撮った写真を展示します。スナップやポートレートなど、メンバーの個性あふれる写真をお楽しみください。

 

INFORMATION
会期:2019年10月30日(水)ー 11月10日(日)
時間: 12:00 – 19:00(月火曜日 休館 ※最終日は 17:00 まで)
場所:T.I.P White Cube
          〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-6エクスアートビル1F
アクセス  はこちら

参加メンバー
荒木 利彰 / 大山 哲 / 菊池 俊輔 / 國弘智子 / 小林 十永 / 種田 あゆみ
永井 敏之 / 中林 清 / 西本 伸一 / 濱田 太一 / ホセ・フトン

公式サイト :  http://petitetomo.com/kappa/
Instagram: https://www.instagram.com/kappa_exhibition/

第6回 東京国際写真コンペティション 受賞者巡回展 – 必要性 / 欲求 –

©Seunggu Kim

 

 

第6回東京国際写真コンペティション受賞者国際巡回展 – 必要性 / 欲求 –

昨年(2018)開催した、第6回 東京国際写真コンペティション(TIPC)『その巡回展 – 必要性 / 欲求 –』 の受賞者展を東京の72Galleryにて開催します。
ニューヨークのUPI Gallery、タブリンのPhotolreland Festival、台北のWonder foto dayを経て、東京での展示となります。

 

テーマの「欲求」は「心理学で生活体に生理的・心理的な欠乏や不足が生じたとき、それを満たすための行動を起こそうとする緊張状態や欲求」として定義され、「必要」は「どうしてもしなければならないこと。また、そのさま」とされています。

テクノロジーと資本主義が唸り声を上げるこの時代は、「欲求」が強まり、それが「必要」なものと誤解されるとき、対となるこの2つの概念の差異はこれまでになく、ぼやけています。

第6回TIPCでは、受賞者が写真で捉えた「必要性(Need)」と「欲求(Want)」の間を示唆した物語を捉えた作品が並びます。

 

INFORMATION

会期:2019年10月16日(水)〜10月27日(日)
会場:T.I.P 72Gallery
〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-6エクスアートビル1F
OPEN:12:00~19:00(展示最終日は17:00まで/休館日:月・火)

入場無料

アクセス

Continue reading

臨時休業のお知らせ

明日10月12日(土)は、台風接近に伴う影響を見込みまして臨時休業とさせていただきます。
何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

尚、10月13日(日)は通常通り営業致します。

Tokyo Institute of Photography

テラウチマサト写真展「ボツワナ、小さな岩の丘と我らの大地」

72Gallery では、テラウチマサト写真展「ボツワナ、小さな岩の丘と我らの大地」を開催します。

2019年 ボツワナの名誉観光領事に就任したテラウチ氏が9月に撮り下ろしたボツワナの写真を公開。現在のボツワナに住む人々のポートレイトや公道を横断する野生動物の数々の写真からは、ボツワナの魅力だけに留まらず、人と動物の関わり方や共生についてなど、これからのアフリカをはじめとした地球規模の未来をも考えさせられます。

テラウチ氏は今度とも継続的に写真家の目線でボツワナの魅力を発信することになりますが、初めてボツワナの大地に降り立ったファーストインプレッションが詰まる今回の展示をお楽しみください。

 

会期:2019年10月2日(水)~13日(日)
時間:12:00-19:00(最終日 17:00まで)
場所:T.I.P. 72Gallery
※ 10月13日(日) 14:00〜15:00は、トークイベントにつき予約者のみとなります。予めご了承ください。

Continue reading

熊谷聖司ゼミ 〜実験的な試みのパネル加工を通して、より深く展示方法を学ぶ〜

 

今回の講座はインクジェットで出力した写真(染料、顔料インク)を、通常の写真制作から少し離れた素材である「にかわ」「メディウム」などの画材を使い、色を滲ませたり、透けて見せたりと実践を重ねていくものになっています。紙や画材の素材感によって色々な表現を作り上げながら、木製パネルや台紙に貼り付け定着させます。

理論より実践を重ねていくので、写真その物の存在感とは一味違う表現をしたい人向けのゼミとなっております。

 

Continue reading

Kiiroゼミ3期 〜フォトモンタージュを活用した制作から、新たな形態イメージと出会う〜

©Kiiro

多様な性質をもつ花の叙情的世界をフォトモンタージュを駆使し制作するKiiro氏を講師に迎える講座の第3期の募集をいたします。
制作の中での作りこみの方法を体験し学ぶことで、独自の視点による写真作品作りを目指します。
本講座ではKiiro氏の制作プロセスをベースとした、コンテンポラリーフォトにおける「仮説」と「検証」をテーマに、参加者は実際に手を動かしながら共に体験します。
講座は全3回。段階を追って学び、最後には参加者のプリント写真をもとにKiiro氏によるレビューを行います。 Continue reading

T3 Photo Festival Tokyo 2020 Pre-Event ~首都圏の美大・専門学校で写真を学ぶ学生たちの写真展、アジアトップの写真関係者によるトークショーなど~

©トミモとあきな

 

T3 Photo Festival Tokyo 実行委員会が、T3 Photo Festival Tokyo 2020 Pre-Eventを開催いたします。
 
首都圏の美大・専門学校で写真を学ぶ学生たちの写真展「PHOTO SCHOOL NOW!」を開催。参加校から選出された1名、計7名の学生の作品を展示します。また、本展会期に続けて、約70名のポートフォリオの展示や、アジアトップの写真関係者の方々のトークショーなども行われます。
 
T3 Photo Festival Tokyo 2020 Pre-Event公式サイトはこちら→http://t3photo.tokyo/pre/
 

Pre-Event.1『Photo School Now』

首都圏の美術大学と専門学校で写真を学ぶ学生の作品を紹介する展覧会を、上野のBreakステーションギャラリーにて開催します。それぞれの学校の先生に推薦された各校1名、計7名の学生の作品が展示されます。また、本展会期終了後の10月26日(土)、27日(日)には、展覧会の参加校に、女子美術大学、日本大学、東京ビジュアルアーツを加えた合計10校が参加する、ポートフォリオ展を東京藝術大学にて開催。約70名のポートフォリオを展示します。これだけの規模で首都圏の写真学生たちの作品を一望できる機会は、 Continue reading

« Older posts