Tokyo Institute of Photography

We hope this place to be the information podium for all who loves photography.

Category: 72Gallery (page 1 of 7)

Laurent Chéhère写真展「Flying Houses」

©Laurent Chéhère「Notre-Dame – 2019」

72Galleryでは、フランスの写真家 Laurent Chéhère(ローレント・シェエール)の「Flying Houses」の写真作品を展示いたします。

 

Flying Houses」は、建築、移民、貧困、映画、政治、音楽、大衆文化、ストリートアート、アートなどのトピックについてLaurent Chéhèreが提唱するパリのシュルレアリスティックで詩的な作品です。これらの家は、パリの恵まれない国際的な地区、特に作家が住んでいるバベルの塔のようなベルヴィル地区とメニルモンタン地区に触発されており、悲劇的で憂鬱な声明を通して社会の階級の懸念を明らかにし、現代の現実を示唆してます。

 

今回、このシリーズの作品 23点のプリントをジャパンエディションとして展示・特別販売します。また、写真集未掲載の最新作品「ノートルダム」の展示もいたします。

Continue reading

郡山写真部 写真展「こおりやま」

2018年9月に発足した「郡山写真部」。
福島県郡山市に住む、写真好きのメンバーが「郡山に住んでいる」からこその視点で見つけたまちの魅力を撮影しています。さらに、SNS上で「#郡山写真部」というハッシュタグをつけて発信中。
本写真展では、2019年の「郡山写真部」のメンバー34名による写真を展示します。

「こおりやま」の頭文字から連想したキーワードから、5つのセクションに分けて写真を展示。暮らしているからこそわかる「住民目線」でのおすすめスポットや、フォトジェニックな風景をぜひ御覧ください。

Continue reading

熊谷聖司写真展「瞳を閉じて見る世界Ⅱ」

2016年「夢に纏う色彩」の続編として今回の作品を作りました。
2018年から始めたチェキのワークショップを通し、モノクロフィルムの登場、スクエアタイプの使用で更に世界観が広がりました。
夢は視覚では見ていないのだけれど「夢を見る」という。
頭の中で見た感覚をそのまま外の世界へ それを写し出す。
そんな感じの夢を見ました。

熊谷聖司

展示詳細
期間:2019年 8月21日(水)〜9月1日(日)(月・火曜日 休館)
時間:12:00-19:00(8月31日及び、最終日 17:00まで)
場所:72Gallery
料金:無料
※ 展示場所詳細はこちら
〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル1F
→アクセス詳細はこちら

 

関連イベント
熊谷聖司スライドショー「写真熊谷聖司」

 

概要:熊谷聖司さんのフィルムを使用し光で投影させる古典的なスライド映写機を使用しての上映を今回の熊谷聖司写真展に合わせ、72Gyalleryでも上映することになりました。
今回の上映はカラーとモノクロが織り混ざったものとなっています。
また、音楽を熊谷さん自身がスライドに合わせ奏でます。

日時:8月31日(土) 18:00−18:45
場所:Tokyo Institute of Photography 72Gallery 展示室内
住所:東京都中央区京橋3−6−6 エクスアートビル1F
料金:2,000円(税込)
定員:25名《要予約
ご予約はこちら
※一般展示は17:00に終了します。その後、17:45より受付となります。
※開催の3日前からキャンセルチャージ(参加費の100%)が発生します。あらかじめご了承ください。

 

プロフィール:熊谷聖司 写真家

1966年北海道函館市生まれ。
1994年第十回写真新世紀公募優秀賞(南條史生氏選)
『第三回写真新世紀展』にて年間グランプリ受賞。

個展

1994 『函館1985-1994』 函館:ギャラリー・807
1995 『もりとでじゃねいろ』 東京:Pap Factory/函館:ギャラリー・807     
   『95 Lareru』 東京:P3 art and enviroment  
1996 『ニルバーナ祭』 東京:Hdab
1997 『ダイナマイト・パンチ・エキサイティング』 函館:ギャラリー・80ヒラマ画廊  
    『最初の音』 東京:アートサロンアクロス
1998 『人と人の事』 京都:立体ギャラリー射手座
1999 『無題』 京都:立体ギャラリー射手座
2001 『BIBLE KUMAGAI seiji』 東京:ナディフ
2003 『春に還る』 東京:ギャラリーアートスペース/京都:ギャラリーそわか
2004 『光の粒』 東京:ガーディアン・ガーデン
2005 『あふれる/白い』 東京:スイッチ・ポイント
2006 『焦点』 東京:スパッツィオ・ブレラ・ギンザ
2007 『Focus+』 京都:プリンツ
2008 『さくら』 東京:パラーダ/沖縄:オリエンタルホビー
    『あかるいほうへ』 東京:スパッツィオ・ブレラ・ギンザ
2009 『 おさらい』東京 : フリュウギャラリー 
2010 『とりのこえをきいた』 東京:パラーダ
    『THE TITLE PAGE』北京:ゼン・フォト北京
    『PARISASAKUSA』東京:カワウソ
2011 『THE TITLE PAGE』東京:ゼン・フォト東京
   『神/うまれたときにみた』東京:書肆サイコロ
   『THE TITLE PAGE』東京:ギャラリー蒼穹舎
   『神/うまれたときにみた』大阪:ナダール
   『Spring,2011』東京:ポエティック・スケープ
2012 『flowers of romance』東京:書肆サイコロ
   『FOCUS』東京:ギャラリー・ユキシス
   『EACH LITTLE THING』東京:モノグラム
2013 『肖像』東京:書肆サイコロ
   『はるいろは かすみのなかへ』東京:ポエティック・スケープ
2014 『MY HOUSE』 東京:OVERLAND
   『もりとでじゃねいろから20年』東京:ルーニィ247フォトグラフィー 
   『EACH LITTLE THING』東京:ギャラリー蒼穹舎 
   『あかるいほうへ』 名古屋:ON READING
   『光の色』     東京:パピエ・コレ
2015 『EACH LITTLE THING』名古屋:rainroots        
     東京:Paperpool                                     
     大阪:ソラリス
2016  『青について』名古屋:ON READING
     大阪 : ソラリス
   『Time after time / Time for time 』 大阪:ギャルリキソウ
     東京:Roonee 247フォトグラフィー 
     名古屋:SHUMOKU GALLERY 
     岡山:ギャラリーグロス
   『夢に纏う色彩』 東京:モノグラム / クロスロードギャラリー 
   『Instant films myself 』新潟:Books f3
2017 『わたしはいつも木をみている』桜 東京:Roonee 247 fine arts
   『EACH LITTLE THING』 東京:ポエティック・スケープ
   『BRIGHT MOMENTS』 東京:Roonee 247 fine arts
2018 『わたしの時間をあなたにあげる』 東京:モノグラム
   『写真家はどう写真集を作るのか』 東京:book obscura
   『EACH LITTLE THING』 東京:ポエティック・スケープ 

写真集

1995 『40+1 Photographers Pin-Up』(株式会社マッチアンドカンパニー)
1996 CD-ROM『ダイナマイト・パンチ・エキサイティング』(インナーブレイン)
2001 『BIBLE KUMAGAI seiji』(私家版)
2003 『SEIJI』(株式会社BANQUET)
2006 『もりとでじゃねいろ』(株式会社BANQUET)
2008 『あかるいほうへ』(私家版)
2009 『THE TITLE PAGE』(株式会社マッチアンドカンパニー)
2010 『とりのこえをきいた』(カフェ パラーダ)
2011 『神/うまれたときにみた』(書肆サイコロ)
   『EACH LITTLE THING』#1(私家版)
   『Spring,2011』(私家版)
2012 『EACH LITTLE THING』#2(私家版)
   『EACH LITTLE THING』#3(私家版)
2013 『肖像』(私家版)
   『MY HOUSE』(株式会社リブロアルテ)
   『EACH LITTLE THING』#4(私家版)
   『EACH LITTLE THING』#5(私家版)
2014 『WE CAME DANCING ACROSS THE WATER 』(私家版)
2015 『EACH LITTLE THING』#6 (マルクマ本店)
   『EACH LITTLE THING NAGOYA』(マルクマ本店)
   『BRIGHT MOMENTS』(マルクマ本店)
2016 『Time after time / Time for time 』(マルクマ本店)
   『扉』(マルクマ本店)
   『夢に纏う色彩』(マルクマ本店)
2017 『nuttari`n zine 』(マルクマ本店)
   『はるいろは かすみのなかへ』(マルクマ本店)
   『わたしはいつも木をみている』桜 (マルクマ本店)
   『EACH LITTLE THING』#7 (マルクマ本店)
   『EACH LITTLE THING』#8 (マルクマ本店)
   『黒熊』(マルクマ本店)
2018 『EACH LITTLE THING』#9(マルクマ本店)
   『EACH LITTLE THING』#10 (マルクマ本店)

HP: https://seijikumagai.wixsite.com/mysite
マルクマ本店: kumagaiseiji.buyshop.jp/

 

 

 

 

「ひらめきの図書室」

「ひらめきの図書室」

写真のアイディアがほしい、ひらめきがほしい。
そんな人のために「ひらめきの図書室」を2週間限定でオープンします。

場所は京橋の72Gallery。
写真集の蔵書700冊の72Galleryディレクター鈴木雄二氏が厳選した、

絶版になった写真集から、少部数の写真集、さらにPHaT PHOTOが2000年の創刊以来、
集めてきた膨大な蔵書の中からこれだけは読んでほしい10冊を紹介。
写真家や写真集について知りたいけれど、
どこから手を付けていいかわからない人にピッタリの企画です。
さらにもう買えない、「PHaT PHOTO」の絶版バックナンバーもご覧いただけます。

外は夏真っ盛り!

クーラーの効いたギャラリーで、ゆっくり写真集に浸りませんか?

本展覧会は500円の入場料、
もしくは、テラウチマサト書籍「ひらめきのヒント」(1,600円)の購入が必要となります。

※テラウチマサト書籍「ひらめきのヒント」をすでにお持ちの方は、当日受付で見せていただけると無料になります。
当日お持ちにならない場合は有料となります。

【こんな写真集が読めます!】

1.写真集の蔵書700冊の72Galleryディレクター鈴木雄二氏が厳選したなかなか見られない貴重な写真集10冊!
2.PHaT PHOTO編集部が2000年から集めてきた蔵書より、特に見てほしい写真集10選!
3.これを知らずに写真家通は気取れない! おさえておきたい、著名写真家の有名な写真集コーナー
4.絶版になったPHaT PHOTOバックナンバーが読み放題!

■開催日程

2019年7月31日(水)〜8月11日(日)
12:00~19:00 (展示最終日は17:00まで)
休館日 : 月・火
※8月7日(水)ナイト営業~21:00まで

■入場料
本展覧会は500円の入場料がかかりますが、
先日改定して再販となったテラウチマサト書籍『ひらめきのヒント』をお持ちの方は、
受付で見せていただけると無料になります(当日お持ちにならない場合は有料となります)。
当日『ひらめきのヒント』(1,600円)をご購入いただいた方も、無料でお入りいただけます。

■会場
TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY
〒104-0031 東京都中央区 京橋 3-6-6 エクスアートビル1F

■イベント ①
写真好きが集う、一夜限りのバー【 BAR SATOKO 】vol.2
■開店日:8月1日(木)19:00~20:30
■参加費:1500円(1ドリンク+お好きなPHaT PHOTO 1冊つき)
 当日、お好きな「PHaT PHOTO」バックナンバーを1冊お選びいただけます。
*本イベントはPHaT PHOTO写真教室の割引チケットは使用頂けません*
お申込みはこちらから→ Peatix

■イベント ②
作品制作を志す人のための「キャリア構築」戦略講座
講師:速水惟広(T3 PHOTOFESTIVAL TOKYOファウンダー)
会場:T.I.P クラスルーム2
日時:8月11日(日)18:00~19:30
参加費:3,000円
お申込みはこちらから→Peatix

みんなのポートレイト展 みんポー 2019

インターネットやSNSが流行する現代で、ポートレイトの写真像はいくつかの枠に収められた写真になりつつあります。

そんな世の中でも自分が本当に撮りたいポートレイトをぶつけられる場所。そして、それを応援してくれたり、認めてくれる場所。

 

■展示作家■

DAIKO deniz echo G-item Shibu GENTAROABE JLG.Ohji 
kei hayashi KENICHI masakatsu_takadamune nakachan13 
roto ウチカワショウヘイ かんざわ あき シクボマサ  タカオカトモアキ
 どーもの散歩旅と美女百華 ナカムラヨシノーブ ババミユキヒロ@女の子の瞳 
一色卓丸 稲葉幸辰 瑛輝 益田悦考 近藤 仁 小林弘輔 石川 省吾 石田シンヤ 
田中 昭一 田中太郎 麦茶 平林武彦

 

■招待作家■

・青山裕企(写真家)
・インベカヲリ★(写真家)
・藤代冥砂(写真家)
・テラウチマサト(写真家)

 

■レビュワー■

・青山裕企(写真家)
・インベカヲリ★(写真家)
・藤代冥砂(写真家)
・テラウチマサト(写真家)
・齋藤真紀(Numéro TOKYO フォトディレクター)

 

■開催日程

2019年7月17日(水)〜28日(日)
12:00~19:00 (展示最終日は17:00まで)
休館日 : 月・火

 

■会場

TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY
〒104-0031 東京都中央区 京橋 3-6-6 エクスアートビル1F

 

■イベント

会期中に各種イベントが開催されます。

1、【7/19開催】ポートレイトとファッションフォトの境界線について

2、【7/20開催】みんポー2019 オープニング交流パーティー

3、【7/27開催】新たな映像表現の世界へ! はじめてのムービーポートレート講座

4、【7/27開催】脱、初心者!クリップオンストロボを使ってポートレート表現の幅を広げるワークショップ〜スタジオ実践編〜

5、【7/27開催】撮るだけでは終わらない!LightroomとPhotoshopでポートレート写真を仕上げるワークショップ

詳細、及びお申込みはこちらをご覧ください。        

→ https://www.ppschool.jp/minpo-event

 

 

■招待作家・レビュワープロフィール

青山 裕企 (あおやま・ゆうき)

写真家。1978年 愛知県名古屋市生まれ。筑波大学人間学類心理学専攻卒業。2007年 キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。現在、東京都在住。著書に『スクールガール・コンプレックス』『むすめと!ソラリーマン』『僕は写真の楽しさを全力で伝えたい!』『<彼女>の撮り方』『「写真で食べていく」ための全力授業』『ネコとフトモモ』など。台湾・韓国でも、翻訳版が多数刊行されている。吉高由里子・指原莉乃・生駒里奈・オリエンタルラジオなど、時代のアイコンとなる女優・アイドル・タレントの写真集の撮影を担当している。お金マイナス・人脈ゼロで、写真を始めて20年、上京・独立してから14年目。自分なりの戦略で、写真業界を泳ぎ続けている。  

 

インベカヲリ★

1980年、東京都生まれ。写真家。ノンフィクションライター。第43回伊奈信男賞。2019年日本写真協会賞新人賞。写真集に『やっぱ月帰るわ、私。』『理想の猫じゃない』『ふあふあの隙間』①②③(以上、赤々舎)。共著に『ノーモア立川明日香』(三空出版)、忌部カヲリ名義の著書に『のらねこ風俗嬢―なぜ彼女は旅して全国の風俗店で働くのか?―』(新潮社電子書籍)など。『月刊カメラマン』『週刊読書人』『よみもの.com』にて連載中。

 

藤代冥砂(ふじしろ・めいさ)

1967年千葉県生まれ。沖縄在住。
’90年に写真家として活動を開始。以来グラビアのみならず、家族との私生活、生々しい女性の肉体、神々しい山々など。あらゆるものを被写体としてきた。2003年に「新潮ムック月刊シリーズ」で講談社出版文化賞写真賞。昨年BOOKMARC(原宿)で開催された、東京クラブシーン、そして藤代の写真家としてのキャリア黎明期をとらえた写真集「90Nights」は多方面で注目を浴びた。

 

テラウチマサト 写真家

1954年、富山市生まれ。日本実業出版社を経て1991年に独立。ポートレイト、風景、プロダクトから空間まで、独自の表現手法で常に注目を集める写真家。中でも、ポートレイト作品においてはこれまで6000人以上の俳優、モデル、タレント、経営者などの著名人を撮影。テラウチにしか撮らせないという声も多い。モノやコトの“隠れた本質”を捉える着眼点や斬新な表現手法に、イベントプロデュースから、町興しのオファーも集まる。 写真家としてのクリエイティビティを活かした幅広い創作活動を得意とする。  

 

齋藤真紀/「Numéro TOKYO」Photo Director Editor、m media inc director / producer

大学卒業後、イギリス・ロンドンで写真学科を専攻。帰国後「Vogue Nippon」(現Vogue Japan)編集部にてフォトグラフィー&シンジケーションを3年間担当。「Numéro TOKYO」の創刊メンバーとして表紙をはじめ国内外での撮影のキャスティング、ブッキングなどを担当。ファッションを中心に広告のディレクションやプロダクションも手がけている。

 

 

 

 

■主催
CMS PHaT PHOTO写真教室

藤原慶 写真展「目が覚めて」

 
カメラの裏蓋を開けて、フィルムを装填する。
歯車にフィルムが噛み合っていることを確認してから裏蓋を閉じ、フィルムカウンターが”0”になるまでシャッターを切る。
 
その時に撮られた、まぬけな写真が僕は好きだった。
 
ピントもズレていれば、ブレていたり、どこで撮ったかもはっきりと思い出せないような写真が、現像されたフィルムの頭にはいつも1,2枚並んでいた。
 
朝、目が覚めて
ぼんやりとした意識のなか一日がはじまるように。
 
今回展示するのは、約3年間ほど撮り溜めたフィルム写真。
意識的に、あるいはほとんど無意識的に撮り続けた写真たち。
 
化石の発掘みたいに、いま掘り起こしてみたら、
とても面白い発見に満ちていました。
 
 
 
 
 
 
 
 

展示詳細

期間:2019年7月3日(水)〜 14日(日)
開館時間:12:00 −19:00(最終日 17:00まで)
会場:Tokyo Institute of Photography内72Gallery
住所:〒104-0031  東京都中央区京橋3-6-6エクスアートビル1F

※アクセス詳細はこちら

 

急遽決定!トークイベント開催!

ゲスト:ソトコト編集者竹中あゆみ
日時:7月13日(土)
時間:開場12:00〜  開演13:00〜
会場:Tokyo Institute of Photography内72Gallery
住所:〒104-0031  東京都中央区京橋3-6-6エクスアートビル1F

 

 

 

 

プロフィール
 
藤原慶
 
1993年2月16日 神奈川県出身
2014年 カメラとバックパックを持って、各地で撮影した写真を路上で販売しながら日本を旅する
2016年 冬の長野の山小屋でフォトグラファーになる決意をする
2016年 名古屋にてアシスタント勤務
2017年 上京し、フォトグラファーとしての活動を始める
2018年 四国での旅を編集し、まとめた本「旅へんろ」を出版
現在、東京都内在住
 
様々な雑誌やウェブメディアなどの撮影を行う
旅をしながら、写真を撮り、路上で売る。
多くの人に助けられ、多くの人と触れ合う。
シンプルながらも生きることへ直結したこの経験が、今の大きな原動力としての糧となっている。
人物の撮影を主に行い、被写体の自然な表情を撮ることを心がけている。

クラシックロックフォトグラフィー展示会 Classic Rock Photography Exhibition

 

The Beatles, Photographer Tom Murray

ロック史のアイコンと言える伝説的ロックミュージシャンの写真を展示販売する「クラシックロックフォトグラフィー展示会」を、2019年7月3日(水) から7月14日(日)まで開催します。

ロックミュージックは1960年代に隆盛期を迎え、数多くの伝説的アーティストを生みましたが、当時、アーティストと親密な時間を過ごした写真家たちは、オンステージ、オフステージ通じて特別な写真を多数残しています。

今回は、ロックファンで写真コレクターのブルース・ポーマー氏のコレクションを中心に、アルバムカバー写真なども展示販売致します。

登場するミュージシャンは、ロックファンならば誰もが目にしたことがあるアルバムカバー写真で著名な写真家ヘンリー・ディルツ氏、エド・ペルスタイン氏、マイケル・プットランド氏撮影によるビートルズ、ローリングストーンズ、ボブ・ディラン、ジミ・ヘンドリックス、レッド・ツエッペリン、デヴィッド・ボウイ、クラッシュなど。また、ジャズミュージシャンの写真で著名なウィリアム・エリス氏撮影のディジー・ガレスピー、ハービー・ハンコック、マイルズ・デイヴィス、BBキング、ジャック・ブルース、ポール・マッカートニーの写真も展示します。

伝説的アーティストの本質に迫るエネルギッシュな写真の数々をお楽しみいただければ幸いです。

Photographs by world renown photographers including Henry Diltz, EdPerlstein and Michael Putland of classic rock artists, including TheBeatles, The Rolling Stones, Bob Dylan, Jimi Hendrix, Led Zeppelin,David Bowie, The Clash and more. Also, photographs by William Ellis ofclassic jazz artists including , Herbie Hancock and Miles Davis and alsoBB King, Jack Bruce and Paul McCartney.

 

クラシックロックフォトグラフィーのwebサイトはこちら

公式インスタグラムはこちら

 

 

 

Bruce Springsteen by EdPerlstein

David Bowie, Photographer Ed Perlstein

Eric Clapton, Photographer Michael Putland

 

開催概要

日程 :2019年7月3日(水)〜7月14日(日)(月・火曜日休館)

時間 :12:00〜19:00(最終日は17:00まで)

会場 :TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY・72ギャラリー
〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル1F
Tel: 03-5524-6994
東京メトロ銀座線 京橋駅より徒歩1分

入場料 :無料

アクセス詳細はこちら

 

The Rolling Stones, Photographer Chester Simpson

Kurt Cobain, Nirvana, Photographer Henry Diltz

Paul McCartney, Photograph by William Ellis

Miles Davis, Photograph by William Ellis

 

          Run-DMC,Photograph by George DuBose

 

          The Ramoners, Photograph by George DuBose

PHaT PHOTO写真教室講師 写真展 TEACHER’S RECORD 2019

 

PHaT PHOTO写真教室講師展『Teacher’s Record 2019』

PHaT PHOTO写真教室、およびHave a nice PHOTO!写真教室の講師に加え、
ワークショップを担当している講師の有志
16名によるグループ展を開催いたします。

テーマは「Record」

Re(=再び)cor(=心)→「再び心にやどせるように」が語源で、
「記録・記録すること」という意味でつかわれる、写真との関連性も深いこの言葉。

本展では教室講師が、写真家としてこれまで撮影してきた「Record」を披露します。
教室講師がどのように写真に向き合い記録するのかを、お楽しみください。


スケジュール

2019年6月19日(水)〜2019年6月30日(日)
営業時間:12:00 – 19:00  ※ 最終日 – 17:00まで(月・火 休館)
会場:Tokyo Institute of Photography
住所:東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル 1F
→アクセス詳細はこちら


参加講師

一色卓丸、河野鉄平、設楽季昭、清水純一、杉原寛明、鈴木雄二、谷口千博、テラウチマサト、永井三千生、藤原沖、星野耕作、松本友希、武藤裕也、まるやゆういち、山本ルナ、鷲津敬之

 

【同時開催|White Cube】PHaT PHOTO写真教室宿題セレクト展「Teacher’s Reselect 2019」

PHaT PHOTO写真教室講師展と同時開催企画として、PHaT PHOTO写真教室で毎月生徒が提出する「宿題」から、優れていると感じる写真を講師がセレクトし、作品として展示する「宿題展」を開催します。
PHaT PHOTO写真教室では、毎月講師からテーマが生徒に与えられ、翌月の講義にてそのテーマで撮った写真を「宿題」として持ち寄り講評会を行います。
本展は、PHaT PHOTO写真教室に現在通っている生徒の宿題の中から、講師が「これは良かった!」と感じた写真1枚をセレクトし、「テーマ」と合わせて展示をします。
教室生徒がどのような視点でテーマに向き合うのか、その写真に対して講師がどう評価をするのか。それぞれの視点からの写真の見方をお楽しみください。

 

関連イベント

【6月28日 (金) 】
19:30-21:00 印象に残る旅スナップの撮り方講座
場所:4階 ラウンジ&ギャラリー
担当講師:永井三千生
参加費:3,000円(講評あり)、2,000円(聴講のみ)
定員:講評あり 5名、聴講のみ 10名

参加はこちら → http://ptix.at/y0FBUZ

 

【6月29日(土)】
13:00-14:30 写真の読み方を学ぼう!松本先生×杉原先生の講評会
参加費:3,000円
担当講師:松本友希、杉原寛明
*受講生徒さまにはデータで写真を提出頂きます*
参加はこちら → http://ptix.at/BIHVvp

15:00-16:00 生徒によるクロストーク「宿題あるあるを語ろう!」
司会:永沢
登壇:6名を予定
参加費:無料 (予約制)
参加はこちら → http://ptix.at/lSUWHF

16:00- 16:45 講師 ギャラリートーク
参加費:無料(予約不要)

17:00-18:30 レセプションパーティ
参加費:500円(税込)
参加はこちら→http://ptix.at/CG0ayT

Wonder Foto Day Exhibition:「一瞬 Instant」

Tokyo Institute of Photography(東京都中央区京橋)では台湾最大のフォトフェスティバル「Wonder Foto Day」による展示を2019年6月5日(水)~16日(日)の間で開催します。

Wonder Foto Dayは写真家、コレクター、業界関係者、そして写真好きの若者たちを繋ぐプラットフォームとして、毎年台北で開催されるイベントです。

 

Yang Ya-Siang氏のキュレーションによって「一瞬 instant」というテーマで選出された5名の作家による作品を展示します。

出展作家:
-Philong Sovan
-Rae Xiao
-Rumpaporn Vorasiha
-Tatpasit Kunaporn
-Vannak Khun

 

展示詳細:

期間:2019年6月5日(水)~16日(日)(月・火曜日 休館)

時間:12:00-19:00(最終日 17:00まで)

開催場所:Tokyo Institute of Photography/72Gallery東京都中央区京橋

料金:無料

→アクセス詳細はこちら

展示関連イベント:トークショー&レセプション 

日時:2019年6月8日(土)17:00 ~ 19:00

開催場所:Tokyo Institute of Photography/72Gallery(東京都中央区京橋)

料金:無料

※事前申し込みは不要です。お気軽にお越しください

また「Wonder Foto Day」の発起人でありディレクターのファン・イェン・ウェン(Fang Yen Wen)が来日いたします。
それに伴い T3 PHOTO FESTIVAL TOKYOのディレクター速水惟広とのトークを行います。トークショー後はレセプションを開催しますので、フェスティバルディレクターとの交流の機会をお楽しみください。

 

【展示作家作品】

©Philong Sovan

 

©Rae Xiao

 

©Rumpaporn Vorasiha

 

©Tatpasit Kunaporn

 

©Vannak Khun

 

ーーーーーーーー

【一瞬Instant】
キュレーション:Yang-Ya Siang

目を開き、閉じる。私たちはそれを“瞬間”と呼びます。それは、瞬く間に過ぎ去る時間を表す単位。カメラのシャッターと絞りを通して、レンズが捉える変化の過程の瞬間です。瞬間は時間の断片であり、目に見える被写体のイメージ(の一部)を捉えます。しかしながら、1枚の写真だけでは完璧に説明できないことがあります。例えば、もし見る側にとって、視覚的な手がかりが十分でなく、そのイメージの構造や、隠された記号から、異なる意味を読み取ることが難しい場合、私たちは自分たち経験に基づきながら、作品を合理的または抽象的に理解することができません。イメージにおける視覚的な手がかりが不十分なために、作品と見る側の経験に隔たりが生まれた時、見るという行為は美学的経験としてのみ存在していると言うことができるでしょう。

この”瞬間”の出来事は美しさのために存在します。

写真家が複雑な作品(例えば、ポートレイト、都市、風景、空間、行動、文化的資料等を用いるとき)、ある種の決まったイメージ表現を用いることで、写真が言語的価値に交換しえるものとして使われます。そうすることで、人々が素直に読み取ることができるイメージ、または脳内で補足する必要があるイメージを構成していきます。結果、見る側が読み取ることができ、オーディエンスが作品の中に「入りこめる」イメージの物語が構築されます。そういった作品は、魂や人生、ストーリーや出来事、真の平等についての表現であることが多く、人々に考えることや、批判的な思考を促し、また見るものの琴線に触れます。

“瞬間”は人間の理性と感性の理屈として存在します。

この展示では5人の写真家の”瞬間”的な物語を展示しています。

一人目のPhilong SOVANは、”In the city by night”にて、オートバイのヘッドライトを用いて、私たちが普段目にしない人々に焦点を当てることで、都市の異なる側面の代表者として、人々を描いています。

Vannak Khunの“Spaces”は公共の場や社交的な場でポーズをとったり演技をすることで、人々と街、環境の間にあるユーモアな関係を表現しています。

Rumpaporn Vorasihaは“FLAWLESS”という作品を通して女性のストーリーを語っています。人々はセルフィー写真を通して、比喩的に、他者とは異なる自分たち自身の存在に気づいたり、見つめることが来ます。そして何をもって「完璧な体」を定義するするのか?ということをこの作品は問いています。

Rae Xiaoの“Herstory”は古い写真やアーカイヴなどの記録写真や、これらの歴史的な写真に関するインタビュー、そしてインタビュー中に撮影した写真を結びつけて、読み書きが出来ない祖母のための、ヴィジュアルダイアリーを構成しています。

Tatpasit kunapornの“Neon Diary”は間接的なナラティヴを通してバラバラになった記憶について語っています。作家自身と亡くなった人々との間の、並行した世界を結んだものです。

 

ーーーーーーーー

【一瞬Instant】
Written and Curate by: Yang-Ya Siang

When eyes close and open, we call it “blink”, which is “instant”. A time unit that represents a fleeting time. Through the shutter and aperture of camera, the lens captures a moment in the process of changing. This moment is a segment on the time axis, and the image (partial) visible of the subject will be captured. However, a single piece of work often (may) cannot fully explain things. If the visual cues are not enough for audience to read out the different meanings and combinations the form and code hidden under, then the audience cannot realize in rationality or abstractly way and to understand through their own experience. We can say that when the image with insufficient visual cues separates the object and self-experience with the reality of the audience, then it exists only as an aesthetic experience.

This “instant” moment exist only for beauty.

When the photographer uses complex body, portrait, city, landscape, space, behavior, cultural materials, etc. The photos are often intended to exchange language values through the same (or similar) image phrases, constructing images that people can read straightforwardly, or images that need to be supplement in brain. They construct an image narrative that the audience can read, allowing the viewer to “go into” the work itself. It often describes the soul, life, story, event, and true equality of people or self, that people can think, criticize or feel the emotion and sensibility.

“instant” exists as the logic of human reason and sensibility.

In this exhibition, shows the “instant” stories of the five photographers. “In the city by night” of Philong SOVAN using the head light of his motorbike, reveals what we don’t see and concentrates on the people which become representatives of the different aspects of the city. “Spaces” by Vannak Khun takes photos by posing and performing in the public space and social occasions to express the humor interactive relations between environment, people and cities. Rumpaporn Vorasiha talks about woman’s story through “FLAWLESS”. To metaphor people come to realize or perceive themselves in the way that is not the same as another through selfies photo. And to ask what defines perfect body? “Herstory” by Rae Xiao combines the image documents from old photographs, interviews which refer to these historical images, and took photographs during the interviews, constructs Grandma’s Visual Diary for grandma who didn’t’ know how to read and write. “Neon Diary” by Tatpasit kunaporn talk about scattered memories through indirect narrative. Connected between a parallel world through the artist and the deceased.

 

ーーーーーーーー

テラウチマサト写真展 フィンセント・ファン・ゴッホ ほんとうのことは誰も知らない ―ファン・ゴッホへの手紙―

 

テラウチマサトはかねてから関心のあったファン・ゴッホの人生をたどるため、画家を目指し始めて多くの作品を残したオランダのニューネン、印象派の作品や日本の浮世絵に出会ったパリ・モンマルトル、ポール・ゴーギャンと暮らしたフランスのアルル、精神を病んで入院した修道院病院のあるサン・レミ・ド・プロヴァンス、人生の最期を過ごしたオーヴェル・シュル・オワーズを巡りました。
本展では「カメラを持ったファン・ゴッホ」の目になり切り、ファン・ゴッホゆかりの地を巡り撮影した作品を展示します。
誰もが知る画家ファン・ゴッホは浮世絵に影響を受け、 Continue reading

Older posts