Tokyo Institute of Photography

We hope this place to be the information podium for all who loves photography.

Category: 現在展示中

【好評につき会期延長】熊谷ゼミ手製本講座修了展

熊谷聖司さんを講師に、2019年7月から月1回、
計10回に渡って行こなわれた『手製本写真集講座』の
修了展を72Galleryで行います。

写真を撮る人ならではの、私が表現したい世界。
手製本だから出来る、サイズ、紙、ページ数、デザイン、レイアウト、製本の仕方、ありとあらゆるすべてが自由の世界。

自分の納得の行く形まで徹底的に突き詰められる中で、
最終的に出来上がった写真集とは。

受講者の5名が展示しています。

また、講師の熊谷聖司による自粛期間中に撮影した新作も展示しております。

【展示概要】
    好評に付き会期延長になりました!
日 程:2020年8月19日(水) –9月13日(日) 8月30日(日)
    ※ワークショップのため9月6日(日)は16:00まで貸し切りとなり、入場が出来ません。予めご了承下さい。
時 間:12:00−19:00(最終日17:00まで)
休館日:月曜日、火曜日
会 場:72Gallery
住 所:東京都中央区京橋3−6−6  エクスアートビル1F
入場料:無料

熊谷聖司 新作写真集「ともしび」50部限定先行販売 
写真集サンプルは会期中ギャラリーでご覧いただけます。

お申込みフォームはこちらです。

 

※注意事項
新型コロナウィルス感染予防の為、
入場はマスクの着用、アルコール除菌、スタッフによる検温をおねがいしております。ご協力をお願いいたします。

テラウチマサト写真展 「日本のふるさと 富士山と立山」巡回展

 

新型コロナウイルス感染防止のため4月7日まで臨時休館させていただいてましたが、現在の情勢を鑑み5月8日まで延長することにいたしました。尚、この期間の内覧をご希望される方に関しましては事前予約制とさせて頂きます。下記、フォームよりお問合せくださいませ。日頃、当館の展示を楽しみにして下さっている皆様には申し訳ありませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。(2020年4月3日 更新)

お問合せフォームはこちら

 

72Galleryでは、 テラウチマサト写真展「日本のふるさと 富士山と立山」を開催します。今年の年始に富山で開催した展示の巡回展となります。

今回は、前回の富山の展示に引き続き、富山県の表具師 岩崎正克氏と連携した掛け軸を展示いしたします。五箇山の悠久紙や日本古来の伝統技術を使用したしつらえが、作品のイメージをより一層引き立てます。

雄大な富士山と立山の景色。また一部作品にまつわる解説もご覧いただけます。

【展示概要】
日 程:2020年3月25日(水) – 4月7日(火) ※5月8日まで延長。通常はクローズ、事前予約制。
時 間:12:00−19:00 (最終日17:00まで)
会 場:72Gallery
住 所:東京都中央区京橋3−6−6  エクスアートビル1F
入場料:無料

 

 

作家プロフィール / テラウチマサト

1954年、富山市生まれ。日本実業出版社を経て1991年に独立。ポートレイト、風景、プロダクトから空間まで、独自の表現手法で常に注目を集める写真家。中でも、ポートレイト作品においてはこれまで6000人以上の俳優、モデル、タレント、経営者などの著名人を撮影。テラウチにしか撮らせないという声も多い。
モノやコトの“隠れた本質”を捉える着眼点や斬新な表現手法に、イベントプロデュースから、町興しのオファーも集まる。
写真家としてのクリエイティビティを活かした幅広い創作活動を得意とする。

2014年10月より、富山市政策参与に就任。 2015年1月には長崎県東彼杵町芸術大使に就任。2019年にはボツワナ名誉観光領事に就任。国内にとどまらず、海外にも活動の幅を拡げている。

 

Kiiroゼミ3期 〜フォトモンタージュを活用した制作から、新たな形態イメージと出会う〜

©Kiiro

多様な性質をもつ花の叙情的世界をフォトモンタージュを駆使し制作するKiiro氏を講師に迎える講座の第3期の募集をいたします。
制作の中での作りこみの方法を体験し学ぶことで、独自の視点による写真作品作りを目指します。
本講座ではKiiro氏の制作プロセスをベースとした、コンテンポラリーフォトにおける「仮説」と「検証」をテーマに、参加者は実際に手を動かしながら共に体験します。
講座は全3回。段階を追って学び、最後には参加者のプリント写真をもとにKiiro氏によるレビューを行います。 Continue reading