TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY

We hope this place to be the information podium for all who loves photography.

Category: 現在展示中

BlueWall&WhiteCubeありがとうキャンペーン

PHaT PHOTO写真教室の1階にある「TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPY」の
ブルーウォールギャラリーとホワイトキューブャラリーが、別の用途で使用されることとなり、
ギャラリーとしては7月中旬で閉じられることになりました。
※72 Galleryは今まで通りギャラリーとして運営を続けます。

そこで、沢山の生徒さんや先生方の展示をさせていただいてきた
ブルーウォールとホワイトキューブの「ありがとうキャンペーン」を実施することになりました。

期間中応募をしていただいたPHaT PHOTO写真教室の生徒・卒業生・関係者の
素敵な作品と校長テラウチの作品を展示し
ブルーウォールとホワイトキューブの最後を飾り送りたいと思います。
皆様、ぜひご来場お待ちしております。

<第1段>
2021年6月2日~2021年6月13日
全日12:00~19:00※最終日は17:00までとなります。
WhiteCube
生徒・卒業生作品+思い出スライドショーBlueWall
テラウチマサト作品

<第2段>
2021年6月16日~2021年6月27日
全日12:00~19:00※最終日は17:00までとなります。
WhiteCube※予定※
生徒・卒業生作品+思い出スライドショーBlueWall※予定※
テラウチマサト作品+関係者作品

6月3日(木)より受付にて
株式会社シー・エム・エス創立30周年記念物販販売も行っております。
是非ご覧ください。

小林真佐子写真展 「拝啓 辰野金吾様 東京駅 さらなる100年へ」

 小林真佐子写真展「拝啓 辰野金吾様 東京駅 さらなる100年へ」を開催します。東京駅を設計した辰野金吾に焦点をあてつつ、辰野氏に宛てる手紙という形式を用いて、東京の表玄関でもある東京駅の継承やリビング・ヘリテージ(今なお活用されている文化遺産)の文脈を掘り起こし、これからも続く未来へ向けてのメッセージを与えます。

 小林氏は、「東京駅の継承は、単に美術建築である建物を保存するだけでなく、それを建造した設計者、そして多くの職人たちの優れた技術、創建当時の日本を豊かにしたいという想い、保存・復原工事に携わった人々、そこで働く人々、そして訪れる人々の、たくさんの想いの継承です」と語ります。

 また、三村漢のディレクションによる写真集も会期に合わせて販売。展示ディレクションと共に三村氏が監修。そして、額司 游游雅 宮井譲の額を使用した額装も見どころとなります。

会期:2021年5月19日(水)~5月30日(日)

休廊:月曜日、火曜日

時間:12:00-19:00(最終日は17:00まで)

会場:TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY 72Gallery

       〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル1F

アクセス:https://tip.or.jp/access

入場料:無料

2018年に丸の内駅前広場に造られた打ち水システム ©小林真佐子
昔ながらの覆輪目地のレンガ ©小林真佐子
皇室専用門へのアプローチ ©小林真佐子

プロフィール:小林真佐子

2014年より写真を学び始める。2020年の御苗場で、「拝啓  辰野金吾様」シリーズにて東京都写真美術館学芸員 遠藤みゆき選によるレビュアー賞を受賞。テラウチマサトに師事。

受賞歴

2020 第18回 JPA公募展入選

2020 御苗場レビュアー賞受賞(東京都写真美術館学芸員 遠藤みゆき選)

2020 第45回 2020JPS展入選

100年後は高層ビルを従えて ©小林真佐子