Tokyo Institute of Photography

We hope this place to be the information podium for all who loves photography.

Category: 今後の展示

藤原慶展示「目が覚めて」

 
カメラの裏蓋を開けて、フィルムを装填する。
歯車にフィルムが噛み合っていることを確認してから裏蓋を閉じ、フィルムカウンターが”0”になるまでシャッターを切る。
 
その時に撮られた、まぬけな写真が僕は好きだった。
 
ピントもズレていれば、ブレていたり、どこで撮ったかもはっきりと思い出せないような写真が、現像されたフィルムの頭にはいつも1,2枚並んでいた。
 
朝、目が覚めて
ぼんやりとした意識のなか一日がはじまるように。
 
今回展示するのは、約3年間ほど撮り溜めたフィルム写真。
意識的に、あるいはほとんど無意識的に撮り続けた写真たち。
 
化石の発掘みたいに、いま掘り起こしてみたら、
とても面白い発見に満ちていました。
 
 
 
 
 
 
 
 

展示詳細

期間:2019年7月3日(水)〜 14日(日)
開館時間:12:00 −19:00(最終日 17:00まで)
会場:Tokyo Institute of Photography内72Gallery
住所:〒104-0031  東京都中央区京橋3-6-6エクスアートビル1F

※アクセス詳細はこちら

 

 

 

 

プロフィール
 
藤原慶
 
1993年2月16日 神奈川県出身
2014年 カメラとバックパックを持って、各地で撮影した写真を路上で販売しながら日本を旅する
2016年 冬の長野の山小屋でフォトグラファーになる決意をする
2016年 名古屋にてアシスタント勤務
2017年 上京し、フォトグラファーとしての活動を始める
2018年 四国での旅を編集し、まとめた本「旅へんろ」を出版
現在、東京都内在住
 
様々な雑誌やウェブメディアなどの撮影を行う
旅をしながら、写真を撮り、路上で売る。
多くの人に助けられ、多くの人と触れ合う。
シンプルながらも生きることへ直結したこの経験が、今の大きな原動力としての糧となっている。
人物の撮影を主に行い、被写体の自然な表情を撮ることを心がけている。

クラシックロックフォトグラフィー展示会 Classic Rock Photography Exhibition

 

The Beatles, Photographer Tom Murray

ロック史のアイコンと言える伝説的ロックミュージシャンの写真を展示販売する「クラシックロックフォトグラフィー展示会」を、2019年7月3日(水) から7月14日(日)まで開催します。

ロックミュージックは1960年代に隆盛期を迎え、数多くの伝説的アーティストを生みましたが、当時、アーティストと親密な時間を過ごした写真家たちは、オンステージ、オフステージ通じて特別な写真を多数残しています。

今回は、ロックファンで写真コレクターのブルース・ポーマー氏のコレクションを中心に、アルバムカバー写真なども展示販売致します。

登場するミュージシャンは、ロックファンならば誰もが目にしたことがあるアルバムカバー写真で著名な写真家ヘンリー・ディルツ氏、エド・ペルスタイン氏、マイケル・プットランド氏撮影によるビートルズ、ローリングストーンズ、ボブ・ディラン、ジミ・ヘンドリックス、レッド・ツエッペリン、デヴィッド・ボウイ、クラッシュなど。また、ジャズミュージシャンの写真で著名なウィリアム・エリス氏撮影のディジー・ガレスピー、ハービー・ハンコック、マイルズ・デイヴィス、BBキング、ジャック・ブルース、ポール・マッカートニーの写真も展示します。

伝説的アーティストの本質に迫るエネルギッシュな写真の数々をお楽しみいただければ幸いです。

Photographs by world renown photographers including Henry Diltz, EdPerlstein and Michael Putland of classic rock artists, including TheBeatles, The Rolling Stones, Bob Dylan, Jimi Hendrix, Led Zeppelin,David Bowie, The Clash and more. Also, photographs by William Ellis ofclassic jazz artists including , Herbie Hancock and Miles Davis and alsoBB King, Jack Bruce and Paul McCartney.

 

クラシックロックフォトグラフィーのwebサイトはこちら

公式インスタグラムはこちら

 

 

 

Bruce Springsteen by EdPerlstein

David Bowie, Photographer Ed Perlstein

Eric Clapton, Photographer Michael Putland

 

開催概要

日程 :2019年7月3日(水)〜7月14日(日)(月・火曜日休館)

時間 :12:00〜19:00(最終日は17:00まで)

会場 :TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY・72ギャラリー
〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル1F
Tel: 03-5524-6994
東京メトロ銀座線 京橋駅より徒歩1分

入場料 :無料

アクセス詳細はこちら

 

The Rolling Stones, Photographer Chester Simpson

Kurt Cobain, Nirvana, Photographer Henry Diltz

みんなのポートレイト展 みんポー 2019

みんポー 2019 サイトはこちら

 

 

 

 

CONCEPT

【「みんポー」とは?】
 ポートレイトの文化を拡げ、新しいポートレイトの価値をつくっていく展示イベントです。

 
特定のジャンルに縛られず、ポートレイトというカテゴリーにのみ特化することで、新たなポートレイト表現と価値観に出会える場を「みんポー」は創ります。また、プロアマを問わずポートレイトが好きな人たちが一堂に集まることで、この場所をポートレイト表現を高めていく志を持った仲間と出会える場にしていきます。ポートレイトという大きいカテゴリーの中だからこそ学べる表現や思考を取り入れ、ポートレイトの文化を発信・拡大していく展示になることをみんポーは目指します。

 2018年の様子は こちら

 

 

 

 

 

GUIDELINE

プリント部門

【出展料】
20,000円(税込)
 
【出展スペース】
横900mm×縦1000mm
スペース内であれば展示枚数に上限はございません。
※出展費用に含まれるのはスペースの代金です。展示作品のプリント、額装、裏打ちなどは各自ご用意ください。
 
【定員】
30名
 
【申込期限】
6月10日(月)
※エントリーは無料です。
 
【選考期間】
事前選考になりますので、審査を希望されるレビュワーを申込時にご選択ください。
尚、事前審査を通過された全員にレビュワーの方から一言コメントが与えられます。
※ お申し込み時に3~5点
 
【選考発表日】
6月25日 選考発表日
 
【搬入日】
7月15日(祝)13:00-17:00
7月16日(火)13:00-17:00
 
【展示期間】
7月17日(水)〜28日(日)
※月曜、火曜 休館 10日間
 
 
【代理搬入ご希望の方】
出展料に加え、代理搬入費5,400円(税込)
※上記代理搬入費用には「作品5点まで」の搬入費用が含まれます。
(代理搬入を希望されない方は作品点数によるプラス料金は発生しません)
※代理搬入申込は2019年7月10日(水)まで追加申込が可能です。

 

お申込 みんポー2019サイトはこちら

モーション(動画)部門

「みんポー」では、新しいポートレイトの表現方法として、モニターを使った作品展示を行います。1分間ごとの「時間」でご購入いただき、写真、映像、音を駆使して、自由に表現いただきます。
搬入の必要もなく、データを送付するだけでご参加いただけます。
「遠方でプリント展示への参加ができない」「はじめてなのでプリントが不安」という方々も、ぜひご参加ください。
 
【出展料】
1分当たり:1,500円(税込)
※1分単位最大5分まで購入可能
※30秒未満は切り捨て、30秒以上は切り上げとなりますので、ご購入の際にはご注意ください。
 
【申込期日】
7月1日(月)
過激な画像、公序良俗に反するイメージであるかどうか判断させていだくため、申込時に5分間以内のmp4データ(対比16:9)をご提出いただきます。
※静止画でのスライドショー、動画などの形式は問いません。
※実際に流す動画をお送り下さい。
※応募いただいた作品は、審査の為にのみ使用いたします。また、審査以外に使用する際には事務局よりご連絡をさせていただきく事がございます。
※動画で使う音源等については、著作権フリーの素材か、ご自身にて使用の許諾を得ていただいたものをご利用いただければと存じます。
 
【審査から展示までの流れ】
7月1日(月):募集締め切り後、事務局からの参加料のご案内
7月17日(火)~28日(日):「みんポー」会期

 

お申込 みんポー2019サイトこちら

 

【開催場所】

プリント部門・モーション部門いずれもTokyo Institute of Photographyにて開催。

 

 

REVIEWER

・青山裕企(写真家)
・インベカヲリ★(写真家)
・藤代冥砂(写真家)
・テラウチマサト(写真家)
・齊藤真紀(Numéro TOKYO フォトディレクター)

 

青山 裕企 (あおやま・ゆうき)

写真家。1978年 愛知県名古屋市生まれ。筑波大学人間学類心理学専攻卒業。2007年 キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。現在、東京都在住。著書に『スクールガール・コンプレックス』『むすめと!ソラリーマン』『僕は写真の楽しさを全力で伝えたい!』『<彼女>の撮り方』『「写真で食べていく」ための全力授業』『ネコとフトモモ』など。台湾・韓国でも、翻訳版が多数刊行されている。吉高由里子・指原莉乃・生駒里奈・オリエンタルラジオなど、時代のアイコンとなる女優・アイドル・タレントの写真集の撮影を担当している。お金マイナス・人脈ゼロで、写真を始めて20年、上京・独立してから14年目。自分なりの戦略で、写真業界を泳ぎ続けている。  

 

インベカヲリ★

1980年、東京都生まれ。写真家。ノンフィクションライター。第43回伊奈信男賞。2019年日本写真協会賞新人賞。写真集に『やっぱ月帰るわ、私。』『理想の猫じゃない』『ふあふあの隙間』①②③(以上、赤々舎)。共著に『ノーモア立川明日香』(三空出版)、忌部カヲリ名義の著書に『のらねこ風俗嬢―なぜ彼女は旅して全国の風俗店で働くのか?―』(新潮社電子書籍)など。『月刊カメラマン』『週刊読書人』『よみもの.com』にて連載中。

 

藤代冥砂(ふじしろ・めいさ)

1967年千葉県生まれ。沖縄在住。
’90年に写真家として活動を開始。以来グラビアのみならず、家族との私生活、生々しい女性の肉体、神々しい山々など。あらゆるものを被写体としてきた。2003年に「新潮ムック月刊シリーズ」で講談社出版文化賞写真賞。昨年BOOKMARC(原宿)で開催された、東京クラブシーン、そして藤代の写真家としてのキャリア黎明期をとらえた写真集「90Nights」は多方面で注目を浴びた。

テラウチマサト 写真家

1954年、富山市生まれ。日本実業出版社を経て1991年に独立。ポートレイト、風景、プロダクトから空間まで、独自の表現手法で常に注目を集める写真家。中でも、ポートレイト作品においてはこれまで6000人以上の俳優、モデル、タレント、経営者などの著名人を撮影。テラウチにしか撮らせないという声も多い。モノやコトの“隠れた本質”を捉える着眼点や斬新な表現手法に、イベントプロデュースから、町興しのオファーも集まる。 写真家としてのクリエイティビティを活かした幅広い創作活動を得意とする。  

齋藤真紀/「Numéro TOKYO」Photo Director Editor、m media inc director / producer

大学卒業後、イギリス・ロンドンで写真学科を専攻。帰国後「Vogue Nippon」(現Vogue Japan)編集部にてフォトグラフィー&シンジケーションを3年間担当。「Numéro TOKYO」の創刊メンバーとして表紙をはじめ国内外での撮影のキャスティング、ブッキングなどを担当。ファッションを中心に広告のディレクションやプロダクションも手がけている。

 

 

 

 

 

EVENT

coming soon…

 

 

 

主催