72Galleryでは、島村恵美写真展「長閑な理想を掲げて」を開催します。

島村の作品には多くの猫が登場し猫をモチーフとして構成されていますが、一見すると見過ごしたり、どこに写っているか分からないところに猫が存在します。

その洞察力や観察力と客観的な視点で猫を撮影している島村は、現代社会の中に馴染み、溶け込んでいることを装い、偽善的な安心感を持つことで自己肯定をしている自身をそこに重ね、我々の姿をも重ねさせます。

社会問題や環境問題の中で解決しない問題があることが頭では理解していても、ごまかしながら安心や平和という理想像を掲げたい自分自身が異物として存在感を放ち、写真の中に鎮座しているのではないかと島村は語るのです。

気づいたら作品の中の猫を探すのに夢中になってしまう、そんな今回の展示をお楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

展示概要

日 程:2019年11月27日(水)-12月22日(日)
時 間:12:00−19:00(最終日17:00まで)
休館日:月曜日、火曜日
料 金:無料
会 場:TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY    72Gallery
住 所:東京都中央区京橋3−6−6 エクスアートビル1F 

アクセス

 

イベント

トークイベントのお知らせ
島村恵美 × 沖昌之(猫写真家)

日 程:2019年12月4日(水)
時 間:19:30-20:30
場 所:72Gallery内
参加費:無料

 

島村恵美プロフィール

横須賀生まれ、現在横浜在住。
2009年まで大学図書館勤務。その後、アクセサリーブランドのスタッフとなり、日本全国の百貨店で期間限定ショップを展開。2011年、自社製品の商品カタログを作るためポートフォリオ講座を受講したのがきっかけで写真に深くかかわるようになる。以降、さまざまなスクールやワークショップに通いながら、猫のみを撮り続け現在に至る。

 

主な受賞歴
2014年キャノンフォトコンテスト入賞
2015年デジタル岩合「第二回アニマルフォトコンテスト」岩合光明賞
2016年デジタル岩合「第三回アニマルフォトコンテスト」準グランプリ
2018年エプソンmeet up! Selection 佳作
その他多数