【72Gallery】7/1(金)より、植田正治写真展「雲のうつくしい日に。」開催致します

こんにちは、TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHYです。
7月1日(金)より72Galleryにてスタートする写真展と関連イベントのご案内です



植田正治写真展 「雲のうつくしい日に。」


2000年に発表されたこのシリーズは、同年7月に没した植田正治の遺作ともいえる作品です。1913年に鳥取県で生まれ、営業写真館を営みながら生涯故郷を離れず写真に取り組んだ作者は、日本のみならず国際的にも高い評価を得ました。砂丘や砂浜を舞台にした「演出写真」がトレードマークともいえる植田作品ですが、本作は自ら演出できない「雲」をテーマに写したものです。作者の興味のまなざしがストレートに感じられるカラー作品「雲のうつくしい日に。」から約20点と代表作数点を展示し、植田正治の世界を堪能していただきます。
この機会にぜひ、ご高覧ください。



●会期: 2011年7月1日(金)〜7月31日(日)
開館時間:水〜金 12:00〜20:00/土・日・祝 12:00〜19:00 
※最終日は17:00まで  ※休館:月・火


●作家:植田正治
1913年鳥取県に生まれる。19歳で営業写真館を開業する。以後、鳥取で活動を続けながら、数々の写真展、写真集を発表した。1960年ニューヨーク近代美術館に出展、1978年フランス「アルルフォトフェスティバル」に招待、また1980年に西ドイツ「フォトキナ写真展」に選ばれるなど海外での評価も高い。1995年、鳥取県に植田正治写真美術館を開館。1996年にフランスから芸術文化勲章を受章する。2000年7月4日に死去 (享年88歳)。


●関連イベント:

1. OPENING TALK SHOW 
【終了】guest:金子隆一さん
(写真史研究家・東京都写真美術館学芸員)
2011年7月2 日(土)18:00〜19:30 無料/要予約

【募集中】2. 「PHaT PHOTO」presents TALK SHOW 
guest:飯沢耕太郎さん
(写真評論家)
2011年7月23日(土)17:00〜18:30 2,000 円(税込)/要予約
☆「PHaT PHOTO」1 冊(最新号お持ちの方はバックナンバー)プレゼント
www.phatphoto.jp

(追記:6/21)※トークイベント2の開催日程記載に一部誤りがありました。
(×誤×)7月16日(土)18:00〜
(○正○)7月23日(土)17:00〜
訂正してお詫び申し上げます。




関連イベントお申込み・お問い合わせはこちら↓

【 関連イベントお申込み方法 】

.瓠璽襪砲鴇気辰討ります。メール送付先 mail@72gallery.jp
メールタイトル→お名前:植田正治展イベント参加希望
メール本文→
参加希望回→
1. OPENING TALK SHOW 参加希望
2. 「PHaT PHOTO」presents TALK SHOW参加希望
1と2どちらも参加希望

お名前:
フリガナ:
携帯電話番号:
よくチェックするメールアドレス(PC):
(T・I・Pからのご案内メールを希望: ○ ×)
ご住所:

∋務局から確認のメールをお送りします。
(休業日は確認のメールが遅れる場合がございます。予めご了承ください。)

参加費は当日、お釣りのないようお持ちいただき、受付にてお支払いください。


【 ご注意事項 】
※キャンセルの場合は、必ずご連絡下さい。
また、お申込み後のキャンセルは規定の料金が発生致します。
開催7日前〜5日前のキャンセル…料金の30%
開催4日前〜2日前のキャンセル…料金の50%
開催前日・当日のキャンセル…料金の100%
※お申込みは先着順となります。定員超過の場合は、キャンセル待ちを受け付けます。
※最少催行人数に達しない場合、不催行となる場合がございます。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さいませ。


【 問い合わせ 】
TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY/72Gallery
〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル1F 
TEL.03-5524-6994 http://www.tip.or.jp
開館時間/12:00〜20:00 (水 - 金) ・ 12:00〜19:00 (土・日・祝)
休館日 /月・火


It comments.










Track back Url of this Article
http://tip-72gallery.jugem.jp/trackback/73
Track Back